ブログトップ

書斎を飛び出し――悠々日記

gohenro.exblog.jp

遠くの友より「洪水の報」来たり

 イスラム世界に旅だつ時は、いつもタイ・バンコクをハブ空港にして、西へ向かう。バンコク・カオサンの安宿に泊まって、チャオプラヤー川のボート(写真)に乗って、伊勢丹などがある繁華街シーロム地区などに出かける。川下りは素晴らしい。乗車賃50円。涼しい風を受け、20分ほど乗る。今は水位が上がって、危機的状況にあると思われる。
f0141677_2513843.jpg

 ただ日本人ほど深刻にとらえないはず。スマイルの街とされるバンコクだ。南国ののんびり気風で案外、悠々としているのかもしれない。 カオサンの通りは、足首まで迫っているのか。いつも使うセブンイレブン入口には、水止めの策も(山田静氏撮影)。 
f0141677_382745.jpg

 ただ、やっぱり心配。どこまで洪水が迫っているのか。友人にメールを打った。IT関連企業に勤めている友人だが、かなり正確な状況を知らせてきてくれたので、紹介します。

 こんにちは。日本での報道を見ると、すべてが水浸しのようになっていますが、まだまだ中心部まで水は届いていません。下記のサイトがわりと正しく状況を反映していると思われます。
      http://www.rtic-thai.info/ttet-fms/
 一昨日(10月28日)、昨日は高潮ということで、河川付近は浸水の影響が強く警戒が必要でしたが、中心部はそれほどの影響はありませんでした。
 問題はアユタヤ等の工業団地を冠水させた北部から迫る膨大な水です。ドンムアン元国際空港付近まで迫ってきていますが、そこからの南下が遅れています。水門を開けたり閉めたり、政府が操作しているからかどうかは定かではありませんが。
 これらの水がどこまで市内を冠水させるかというところ焦点です。
 ある程度水が来ることは避けられないと諦めていますが、近郊で起きているように、首や腰までは来ないのでは、という楽観的な見方をしています。
 水がスクムビット(バンコク中心部。日本人の居住も多い)やシーロム(伊勢丹などがある商業的繁華街)到達までには、まだ一週間かそこらかはかかると見ています。毎週末、「水が来る、来る」と言われて、いい加減疲れてしまいました。
 さらに物流の停滞や食品工場の冠水による操業停止で水や食料品不足、汚染水の飲料水への混入が心配です。ここ一週間で、確実に水道水の匂いが変わりましたから。
f0141677_2521797.jpg

 雨季は明けたようで、毎日いい天気です。自家用車を避難させたため、市街を走る車は少なくなっています。この騒ぎは年内は続くと思われますので、経済的な影響は、深刻になる思われます。
 失業者は60万人ともいわれ、工場の再開は早くても来年以降。それまでモノはない、金はない大変な状況が続きます。
 今回のような洪水が今まで来なかったのは、治水がうまくいっていた訳ではなく、単に運が良かっただけと思われます。日系企業の多くは再興を再考するでしょう。
 では、また。from H  2011年10月30日午前11時

 これは、カオサンで使う日本食レストラン「竹亭」のブログです。これも正確です。  
http://plaza.rakuten.co.jp/taketei/diary/201110300000/
[PR]
# by gohenro | 2011-10-31 02:32 | ニュース・ブログ

新刊「あの人に あの歌をー三陸大津波物語」の帯です

 被災地の人たちからさっそく楽しみにしているというメールや電話をいただき、わたしもうれしく思います。
 なにより津波で被災された方たちに元気を与えたいという気持ちもあって書き進めた作品です。
 主人公は13人。岩手、宮城両県でそれぞれ悲しみを背負いながら、明日の灯を求めて明るく生きようとする人々の努力とエネルギーを描いた作品です。
f0141677_9215743.jpg

 帯が出来上がりました。ブルー系の写真は、陸前高田の黎明。まさにこの通りに色合いでした。内容は、こんな具合です。悲しいだけでは読まれない。切なさと歌と魂と……心に響く短編集にしました。
f0141677_9242796.jpg

[PR]
# by gohenro | 2011-10-28 09:26 | 東日本大震災

新刊「あの人に あの歌をー三陸大津波物語」表紙

 3・11の大震災以来、岩手、宮城県を中心に津波被災地を歩いて、被災された人たちのお話をうかがってきましたが、それをまとめた新刊が、11月18日、朝日新聞社から出版・発売されます。
 震災支援企画 「あの人に、あの歌をー三陸大津波物語」(1600円)と題されました。被災者の人々が歌とともに、どん底の状況から生きてゆく物語を描いたもので、13人の人々が登場します。
f0141677_20203325.jpg

 歌は魂。歌があるから生きられるーー被災地の人だけでなく、多くの人たちの心に響く作品を描けたと自負しております。詳しい内容は追ってまたお知らせします。
 私の公式サイトhttp://www.mori-tetsu.com/
上にも、関連のお知らせが掲載されています。
[PR]
# by gohenro | 2011-10-24 20:29 | 東日本大震災

ウガンダ・少年兵士の写真集

 友人の桜木奈央子さんが、本を著されました。アフリカ・ウガンダで撮りためた写真集です。「かぼちゃの下でーーウガンダ 戦争を生きる子供たち」(春秋社刊、1800円、045ー261ー3168)。
f0141677_22554551.jpg

 桜木さんは、土佐の出身。10年前、ウガンダ北部の村グルを訪ねて以来、折りを見て通い続け、内戦で犠牲になった家族と子供たちの実情を観察してきました。当地の「アチョリ王国」から親善大使にも指名されています。2人のお子さんを育てる主婦でもあります。
 「かぼちゃの下」というのは、現地で職業訓練センター施設の呼称。反政府軍ゲリラによって殺害された子供は25000人を上回るという悲惨な現実を、カメラに収めた貴重な記録です。
 たとえば「17歳の兵士」のページ。「母親に送りたいから撮ってほしい」と言われ、撮影後、連絡先に何度も連絡したが、彼が所属していた部隊は撮影に翌日、全滅したのだった、とある。銃を手にして穏やかな表情の少年兵士の写真が添えられている。
[PR]
# by gohenro | 2011-10-22 22:56 | ルポ

不屈魂・宮間あや選手

 岡山・湯郷まで取材に行ってインタビューした、なでしこジャパンの司令塔、MF宮間あや選手を、総合月刊誌「宝島」に連載中の「不屈魂」に執筆しました。
 このシリーズも今回が第38回目。ということは、3年と2ヶ月のロングランとなっているわけで、いやはや、この間、長期の海外出張などを考えると、よく毎月、「時の人」にインタビューして、5ページもある大型企画を続けたものだと、我ながら感心してしまいます。
 最近、うれしいのは、この連載がアスリート界に知られて、オファーをした段階で、相当の人気アスリートが、取材殺到する中で、優先的に取材に応じてくれることです。
 アスリートの内面の戦いを描くものは少なく、テレビなども表面的な努力の成果を追うドキュメントが多いので、人間そのものの生き方に迫ったシリーズが評価されてきた証だと思っています。
f0141677_46766.jpg

 宮間あや選手も、様々な苦難の上に大輪を咲かせた選手の1人です。
 彼女は、千葉・九十九里の出身ですが、高校時代から、岡山県の山間部美作(みまさか)市に単身乗り込んで、現在を築きました。実際に会った彼女は、この写真に見られるように、試合中の厳しい表情は消え、はきはきと答えて、こちらのデジカメに笑顔で興味を示すなど、好感のもてる女性でした。
  そんな彼女が、一途に努力したその軌跡と、彼女の不屈魂を書き込みました。10月25日発売されます。
 過去のシリーズでは、バスケットの田臥勇太、ボクシング世界王者内山高志、なでしこの澤穂希選手などを取り上げています。早く書籍化を、と読者や選手たちに催促されていますので、近々、考えねばと思っています。
[PR]
# by gohenro | 2011-10-17 03:44 | ニュース・ブログ