ブログトップ

書斎を飛び出し――悠々日記

gohenro.exblog.jp

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鬼は外

 節分でした。帰宅すると、玄関は施錠され、ピンポンのとたん、ドアが開いて、我が妻、「鬼はそとー」。その声音や、どうみても節分のそれとは思えぬ気迫。豆の勢いも凄い。別鬼の意があるらしい。スーパーでは千円札からいくらもつりが来ないとかで、自家製恵方巻き、関白鬼も食べさせてもらいました。
 続「メジロがやってきた」です。
f0141677_7344834.jpg

 毎日寒い日が続きますが、その後も毎日、オレンジ・ディナー目当てにやってきます。毎朝、1個の蜜柑を割って、4袋を小生が、2袋を愛犬ベイブ、残りをメジロに、が日課。
 よく観察していると、なかなか愛くるしい。蜜柑の上に乗ってついばむ。1日4袋は平らげる。その食べた跡はこんな感じ。
f0141677_7354087.jpg

 皮を残してきれいに食べており、人間より上手だ。雀より、人を警戒せず、ガラス戸を開けても、2mほどさきの梅の枝にとまって蜜柑を見守る。メジロは春を連想させ、暖かみを感じさせてくれます。
[PR]
by gohenro | 2012-02-04 07:34 | ニュース・ブログ

大雪に思い出すわが青春

 日本海の大雪、思い出します。わが新聞記者新米時代。新潟・中越地方にいました。豪雪地帯。2階に住んでいましたが、屋根までいつも雪。
 写真は同県妙高市ですが、ちょうどこんな感じでした。
f0141677_9301684.jpg

 道のない雪の中、延々90分も歩いて、農家をたずね暇ネタを取材する。途中、こんな取材してどうなる、もし留守だったら、と吹雪く中で何度も引き返そうと思うのですが、雪に負けたようで引き返せない。あそこで不屈魂養われるんですね。
 抜かれてデスクに怒鳴られてやけ酒くらって、ちょうどこの写真のような道ばたの雪で顔を洗って帰った思い出も懐かしい。雪の中でとっくみあいの喧嘩もした。側溝に突き飛ばされ、翌朝、整形外科医のもとに治療にいった。医者の顔を見るのが照れくさい。喧嘩の相手だったからです。
 雪は見た目は美しいが、ともかく重くて厄介なものです。
[PR]
by gohenro | 2012-02-03 09:31 | ルポ