ブログトップ

書斎を飛び出し――悠々日記

gohenro.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日から再び宮古

 おはようございます。仙台のカプセルサウナで目が覚め、朝風呂のあと、休憩室のネットコーナーでいまブログ更新中。昨日は気仙沼に行ってまいりました。これから仙台空港近くの名取市へ行き、夕刻、盛岡経由で宮古に行きます。

 宮古は二度目です。駅前の旅館がすごくいい。復興工事関係者と一緒に夕食です。

 宮古は2度目。こないだ市内を取材していたら、小学校の避難所で自衛隊の音楽隊が慰問の演奏をしていました。心が和みます。
f0141677_6572131.jpg

 明日から大槌、山田町方面を再度取材して、いよいよ最終段階です。
f0141677_6581035.jpg

 町を歩くと、自らを奮い起こすメッセージが多い。この日の丸もそのひとつなのでしょう。
[PR]
by gohenro | 2011-06-29 06:58 | ニュース・ブログ

宮古漁港で

ついこないだのことです。折りたたみ自転車で宮古を取材していました。漁港に行くと、水揚げの真っ最中。ただ魚ではなく、沖合いに浮かぶ瓦礫や丸太。漁師さんたちもつらかろう、と思いました。
昼休み、漁師さんの1人を訪ねると、「まあ話もいいが、これ、食ってみなよ」と出されたのが、このイカ刺し。すし屋でも真っ先にイカを食うほどの大好物。
箸でつまんで口の中へ。いやはや、うまい。甘い。
 「今、捕ってきたばかりだかんな」と漁師さん。向こうにある刺身は「ハッカク」だそうだ。これも美味だった。酒がないのが辛かった。
 暑くてきつくて、日焼けして皮膚などぴりぴり。時には、こんなこともなければ。ありがとう。漁師さん。
f0141677_9261478.jpg

[PR]
by gohenro | 2011-06-25 09:26 | 東日本大震災

ただいま取材中

 ただいま、岩手、宮城県などで精力的に取材を勧めており、ブログを更新できません。
 すでに10日目を迎えました。
 陸前高田市は今もってインターネットは不能です。公共交通機関も整っておらず、苦労しっぱなし。
 暑い夏になりそうです。顔も腕も6月だというのに、焼けてしまいました。
[PR]
by gohenro | 2011-06-22 18:32 | 東日本大震災

朝日カルチャー「遍路の歩き方」

 この秋、9月のことですが、朝日カルチャー立川で「遍路の歩き方」を開講いたします。
そのパンフレットができました。

 こむずかしい宗教や哲学の話は置いておくとして、カラースライドで遍路の現場を紹介しながら、何を準備し、どんなことに気をつけたらいいか、どんな効果効用があるのか、など実戦面のお話をします。
 皆様からよくたずねられます。遍路宿ってどんなところなの?肉や刺身は出るの?お酒は飲んでもいいのかな、など。興味はあるが、わからないこともあるのでちょっと不安。女性やシニアでも大丈夫なのかな、など孫の手的アドバイスを盛り込みながら、遍路の魅力を伝える講座です。

 こうした時代背景を反映しているのでしょうか、各地で好評でございます。時間があれば、ぜひ土曜日の午後(9月3日午後1時から2時間)、費用はかかりますが、ぜひご参加くださいませ。
f0141677_2443275.jpg

[PR]
by gohenro | 2011-06-12 02:19 | ニュース・ブログ

折りたたみ自転車 Get!

 今日で震災3ヶ月。講座開会中でしたが、午後2時46分、皆様とともに黙祷を捧げました。
 夕方、折りたたみ自転車が到着しました。三陸の津波被災地を走るものです。しかし、重い。14・5キロとあったが、20キロぐらいありそうな感じ。そんなことを気にしてはいられない。
明日かあさってか、陸前高田に入ろうと思っています。でも、大リュックにあんな大きな自転車袋抱えて、大丈夫かいな。
f0141677_19351540.jpg

[PR]
by gohenro | 2011-06-11 19:35 | ニュース・ブログ

ベランダに花壇

 5月は、花が美しい。毎年、この時期だけは花屋通いが始まる。安値の花ばかりだが、どうして、毎日、きれいな花を咲かせて、癒してくれる。
 来週は、三陸へロング取材。花を愛でるなどというのも、週末かぎりだ。
f0141677_132515100.jpg

[PR]
by gohenro | 2011-06-10 13:25 | ニュース・ブログ

橋げたの血

 実は、頬に軽い擦り傷を負った。自転車に乗ったまま、橋の欄干にぶつかったのだ。京都で風情ある唐橋(6月1日付ブログ参照)を渡りながら、「ああ、この橋だったら、川に落っこちていたなあ」と思いだした。

 よって、怪我をしたのは、京都行きの前日のこと。携帯で会話中にハンドル操作を誤ってぶつけた。まあ、橋げたでよかったし、橋ゲタが高かったのもよかった。勢いあまって体が向こう側にのめっていたらアウト。背の低い京の唐橋なら飛び出したこと間違いない。
 
 会話の相手は、かみさんだった。「菅内閣の不信任案どうなるのかねえ」という問いに、応答していたのだ。
 「別に菅びいきじゃないけど、なんでいま、不信任なんだろな。被災地のこと考えてんのかな」
 「原発の初期対応とかなんとか言っているじゃない」
 「でも、あの原発、自民時代に建設されたんだろ。しかも、東電自体に9割方原因があるじゃないか」
 「じゃ、なんで、ああ、なるの?」と言ったところで、橋(写真は京浜河川事務所「橋の写真館」から)の上にかかり、風が急に吹いた。
f0141677_20173443.jpg

 「だからさ……」
 「え?なに?全然、聞こえない」とかみさんは繰り返す。風が強く、受話器側はザアザア響いているらしい。 「聞こえない。聞こえない」というので、携帯を口元に近づけた瞬間、橋ゲタにぶつかった。(写真の左の街路灯あたり)
 で言おうとしたことは、
 「常にメディアには出ず、見えない部分がニュースの底流。利権じゃないか。復興予算で膨大な公共事業が立ち上がる。ゼネコンも建設業者もすべての業者に巨大なビジネスチャンスなんだ」
 民主に票が流れる。小沢の力も削がれる。予算というカネの力学。下の写真のように壊れた堤防の再建だけでも巨額のカネが流れる。
f0141677_2022774.jpg

 自民にとっては、これで蚊帳の外に置かれることは、野党としての位置づけを決定的にされる。だから、犬猿の仲である両者も同じ結論に達する。
 ぶつかって自転車から転げ落ち、橋ゲタに額を強打し、赤い血がしたたり落ちた。ティッシュで拭いながら帰宅した。あの発言で天罰下ったかなあ、と思いつつ、考えを変えるつもりはない。  
[PR]
by gohenro | 2011-06-02 20:12 | ニュース・ブログ

京都と鮎

 今日は、仕事で早朝5時半に起床、新横浜から京都へ直行した。午前8時半前には京都駅というのだから、日本は本当に便利というか、我が経験でも稀有のことだ。
 そこから石山寺がある滋賀・大津方面に向かった。淀川に連なる瀬田川沿い。さすがは、京のはずれ、町並みの民家も風情がある。
f0141677_20154430.jpg

 橋の欄干もご覧の洒落よう。
f0141677_20163775.jpg

 雨の中、釣り糸を垂れている人が数人。そうだ。今日は鮎釣りの解禁日。
f0141677_20171630.jpg

 しかし、鮎の友釣りではない。普通の竿に丸浮きをつけて、そこらで見かけるフナかハヤでも釣っている感じ。前夜からの雨で水高は48センチにまで達し、渦を巻いて濁流に近い流れだ。
 しばらく見ていると、いやあ、釣れる釣れる。入れ食い状態だ。小イワシほどの鮎が針を投げ込むたびにひっかかる。

 ちょっと小さすぎて、これからがこの川での我が青春本番だろう小鮎にとっては、殺生な気もする。塩焼きにもちょっと無理では……と、おやじさん、きっぱりと言った。
 「唐揚げだ。最高なんだ。一日やって釣れない時もあるから、時にはね」
 クールボックスを開けて、収穫を見せてくれた。
f0141677_20174610.jpg

 ぴちぴちしたきれいな鮎ばかりだ。 
 川べりで仕事が終わったら、すぐに京都駅へとんぼ返り。午後7時前には自宅に着いて、いつも通り、冷や奴とイワシの丸干しをつまみに、サッポロの黒でグイッ!
[PR]
by gohenro | 2011-06-01 20:18 | ニュース・ブログ