ブログトップ

書斎を飛び出し――悠々日記

gohenro.exblog.jp

遠くの友より「洪水の報」来たり

 イスラム世界に旅だつ時は、いつもタイ・バンコクをハブ空港にして、西へ向かう。バンコク・カオサンの安宿に泊まって、チャオプラヤー川のボート(写真)に乗って、伊勢丹などがある繁華街シーロム地区などに出かける。川下りは素晴らしい。乗車賃50円。涼しい風を受け、20分ほど乗る。今は水位が上がって、危機的状況にあると思われる。
f0141677_2513843.jpg

 ただ日本人ほど深刻にとらえないはず。スマイルの街とされるバンコクだ。南国ののんびり気風で案外、悠々としているのかもしれない。 カオサンの通りは、足首まで迫っているのか。いつも使うセブンイレブン入口には、水止めの策も(山田静氏撮影)。 
f0141677_382745.jpg

 ただ、やっぱり心配。どこまで洪水が迫っているのか。友人にメールを打った。IT関連企業に勤めている友人だが、かなり正確な状況を知らせてきてくれたので、紹介します。

 こんにちは。日本での報道を見ると、すべてが水浸しのようになっていますが、まだまだ中心部まで水は届いていません。下記のサイトがわりと正しく状況を反映していると思われます。
      http://www.rtic-thai.info/ttet-fms/
 一昨日(10月28日)、昨日は高潮ということで、河川付近は浸水の影響が強く警戒が必要でしたが、中心部はそれほどの影響はありませんでした。
 問題はアユタヤ等の工業団地を冠水させた北部から迫る膨大な水です。ドンムアン元国際空港付近まで迫ってきていますが、そこからの南下が遅れています。水門を開けたり閉めたり、政府が操作しているからかどうかは定かではありませんが。
 これらの水がどこまで市内を冠水させるかというところ焦点です。
 ある程度水が来ることは避けられないと諦めていますが、近郊で起きているように、首や腰までは来ないのでは、という楽観的な見方をしています。
 水がスクムビット(バンコク中心部。日本人の居住も多い)やシーロム(伊勢丹などがある商業的繁華街)到達までには、まだ一週間かそこらかはかかると見ています。毎週末、「水が来る、来る」と言われて、いい加減疲れてしまいました。
 さらに物流の停滞や食品工場の冠水による操業停止で水や食料品不足、汚染水の飲料水への混入が心配です。ここ一週間で、確実に水道水の匂いが変わりましたから。
f0141677_2521797.jpg

 雨季は明けたようで、毎日いい天気です。自家用車を避難させたため、市街を走る車は少なくなっています。この騒ぎは年内は続くと思われますので、経済的な影響は、深刻になる思われます。
 失業者は60万人ともいわれ、工場の再開は早くても来年以降。それまでモノはない、金はない大変な状況が続きます。
 今回のような洪水が今まで来なかったのは、治水がうまくいっていた訳ではなく、単に運が良かっただけと思われます。日系企業の多くは再興を再考するでしょう。
 では、また。from H  2011年10月30日午前11時

 これは、カオサンで使う日本食レストラン「竹亭」のブログです。これも正確です。  
http://plaza.rakuten.co.jp/taketei/diary/201110300000/
[PR]
by gohenro | 2011-10-31 02:32 | ニュース・ブログ
<< バンコク洪水ー友より続報再び 新刊「あの人に あの歌をー三陸... >>