ブログトップ

書斎を飛び出し――悠々日記

gohenro.exblog.jp

99vs1%デモandOldies・number

 米国が99vs1%デモで揺れている。一体、あのデモの本質はなんなのだ、ともう1つ見通せないが、来年の大統領選絡みにはちがいなかろうと思うのだ。数ヶ月前の議会選挙前の「ティーパーティー」でもそうだったが、今度は、失業者群が核をなしているという。
 誰が、何を目的に仕掛けたか、まだ見えない。オバマ・民主党にも、共和党側にも、有利に働くとは思えないから、よくわからない。
 デモ隊の訴えは、確かに正鵠を得ている。英米でリーマン・ショックでこけた銀行を建て直した銀行幹部のボーナス額を見ると、なんで、お前たちがそんな額をもらう資格があるんだ!と海の向こうから怒りたくもなる。
 結局、人間とコンピューターというか、いわばITとの戦いが、格差の本質ではないか。コンピューターが人間の単純作業をがんがん奪ってしまい、リストラによって職を失う人が増え、ITの胴元側は、キーボードに人が触れるだけで、1秒間に数千万、数億の金が入りこんでくる社会の、なれの果てだ。それが、開発途上国を巻き込んでボーダレスに広がっている。米国は、その先進地である。
 丁寧に物を創り上げてゆくデトロイトや大田区蒲田の工場主たちが苦しむのは、別に景気のせいだけでなく、人間社会の構造的変革のためだと思う。
 で、先日、自転車で府中をうろついていたら、中古のCD屋を見つけ、1000円で2枚入りの「Oldies Hit parade」を買ってきました。
 ああ、懐かしや。ザ・ダイヤモンズの「」リトル・ダーリン」、ニール・セダカの「小さい悪魔」、ザ・ビーチボーイズの「サーフィン・USA」など。もちろんプレスリーやポール・アンカ、コニーフランシスのヒットナンバーも。
 アメリカが最も輝いて、活き活きとしていた時代だったと思う。ヴェトナム戦争とイラク戦争でアメリカはおかしくなったと、わたしは思っています。オバマは、決して武力に頼る政治をしていないから、素晴らしい政治家だけど、米経済は、生産し続ける銃器の弾をどこかで使って動いてきた部分があるから、厄介だ。99VS1デモの底流は、よく見極めなきゃな、と思いつつ、「おお、キャロル」(ニール・セダカ)を聴いたのでした。
[PR]
by gohenro | 2011-10-15 21:44 | ニュース・ブログ
<< 不屈魂・宮間あや選手 被災地の酒 >>