ブログトップ

書斎を飛び出し――悠々日記

gohenro.exblog.jp

6日は、澤穂希選手の誕生日

 5日夕方、ロンドン五輪女子サッカー代表を巡る対オーストラリア戦。日本代表は見事な勝ちっぷりでした。あの試合の第一の評価は、失点ゼロ。攻撃で再三チャンスを潰したかに思えましたが、あれは、運1つ。
 バーに当たったんでは仕方ない。逆もありうるわけだから。その点、DFはしっかりしていた。次の北朝鮮戦で大いに自信になると思います。まあ、攻撃も反省点ありの方がよかった。次の試合で生かせるから。
 澤選手にインタビューした時、アテネ五輪最終予選(04年4月24日)の大一番、北朝鮮戦で、彼女が足が激痛で出場できない状態なのに、チームのみんなに頭を下げられて、「立っているだけでいい」と言われ、試合開始1分、相手エースにばーんとぶつかって、それでも緊張していたイレブンに気合いが入り、8連敗中の北朝鮮に初めて勝ったという話を聞きました。
f0141677_13224071.jpg

 まさかワールドカップ優勝なんて信じられなくて、嬉しいです。彼女は女子サッカーの悲しい歴史のシンボルでもあるのです。
 実際の彼女は、言葉がはきはきして、朗らかで、質問にも、男子有名選手でも妙に隠し立てしたりする人が多いのですが、さらさらと答えてくれて気持ちがよく、米国時代の彼氏のことも臆することなく話してくれました。
 次は「澤穂希」にトライしてみようと、取材ファイルを整理していたら、「彼女、今日が誕生日なんだ」と気づきました。済南でなでしこメンバーやメディア人たちからささやかに祝ってもらっているでしょうが、「アジアの宿敵北朝鮮戦を前に祝気分なんかにはなれない」と彼女が答えるのは、報道されなくともわかります。
ぜひ、地元府中のの仲間として、頑張ってほしいと思います。
[PR]
by gohenro | 2011-09-06 13:18 | ニュース・ブログ
<< 澤穂希の府中、悔しき夜 台風12号四国上陸ーその時。 >>