ブログトップ

書斎を飛び出し――悠々日記

gohenro.exblog.jp

橋げたの血

 実は、頬に軽い擦り傷を負った。自転車に乗ったまま、橋の欄干にぶつかったのだ。京都で風情ある唐橋(6月1日付ブログ参照)を渡りながら、「ああ、この橋だったら、川に落っこちていたなあ」と思いだした。

 よって、怪我をしたのは、京都行きの前日のこと。携帯で会話中にハンドル操作を誤ってぶつけた。まあ、橋げたでよかったし、橋ゲタが高かったのもよかった。勢いあまって体が向こう側にのめっていたらアウト。背の低い京の唐橋なら飛び出したこと間違いない。
 
 会話の相手は、かみさんだった。「菅内閣の不信任案どうなるのかねえ」という問いに、応答していたのだ。
 「別に菅びいきじゃないけど、なんでいま、不信任なんだろな。被災地のこと考えてんのかな」
 「原発の初期対応とかなんとか言っているじゃない」
 「でも、あの原発、自民時代に建設されたんだろ。しかも、東電自体に9割方原因があるじゃないか」
 「じゃ、なんで、ああ、なるの?」と言ったところで、橋(写真は京浜河川事務所「橋の写真館」から)の上にかかり、風が急に吹いた。
f0141677_20173443.jpg

 「だからさ……」
 「え?なに?全然、聞こえない」とかみさんは繰り返す。風が強く、受話器側はザアザア響いているらしい。 「聞こえない。聞こえない」というので、携帯を口元に近づけた瞬間、橋ゲタにぶつかった。(写真の左の街路灯あたり)
 で言おうとしたことは、
 「常にメディアには出ず、見えない部分がニュースの底流。利権じゃないか。復興予算で膨大な公共事業が立ち上がる。ゼネコンも建設業者もすべての業者に巨大なビジネスチャンスなんだ」
 民主に票が流れる。小沢の力も削がれる。予算というカネの力学。下の写真のように壊れた堤防の再建だけでも巨額のカネが流れる。
f0141677_2022774.jpg

 自民にとっては、これで蚊帳の外に置かれることは、野党としての位置づけを決定的にされる。だから、犬猿の仲である両者も同じ結論に達する。
 ぶつかって自転車から転げ落ち、橋ゲタに額を強打し、赤い血がしたたり落ちた。ティッシュで拭いながら帰宅した。あの発言で天罰下ったかなあ、と思いつつ、考えを変えるつもりはない。  
[PR]
by gohenro | 2011-06-02 20:12 | ニュース・ブログ
<< ベランダに花壇 京都と鮎 >>