ブログトップ

書斎を飛び出し――悠々日記

gohenro.exblog.jp

ダービーは地元の祭り

 避難所に行くと、みなさん、テレビを見る時間が朝夕の食事時と限られており、被災前のように自由に娯楽番組を楽しむことはできない。
 そうした状況を考えると、自分ばかりがエンターテーメントに浸っていいものか考えてしまうが、ここ数日、見逃せなぬ楽しみがいくつか重なった。
 まずUEFA(欧州選手権)のバルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドの決勝戦。29日午前3時。眠い目をこすって観戦。バルサの完勝。
 マンUのサッカーが荒っぽく見えるほど、バルサのサッカーは質が細やかで高度だった。ワールドカップで優勝したスペインチームの主力はバルサメンバーだが、あの華麗なパスサッカーを繰り広げ、マンUを手玉に取った。還暦すぎのマンUのアレックス・ファーガソン監督に対し、バルサのジョセップ・グアルディオラ監督は40歳。悔しかったと思う。
 
 もう1つは、明日から始まる将棋の名人戦。森内九段が3勝で大手。第4戦で羽生さんが1勝を返した。明日から兵庫県宝塚市で第5戦。羽生名人のこの勝利は、森内九段に凄いプレッシュアになったと思う。
 トータルでは3つもリードしているが、相手が羽生名人とあっては、そんな余裕は生まれないだろう。果たして、プレッシュアを跳ね返して、王座に返り咲けるかどうか。
 森内九段も、3年前、羽生名人に名人位をとられた時、大きなミスが原因だった。その悔しさを胸に、この場に挑んだと思う。天下分け目の大一番になりそうだ。もう少し名人戦楽しみたいから、あと1つ、名人になどと勝手なことを思ってしまうが。

 昨日は日本ダービー。我が地元の祭りでもある。久しぶりにかみさん手作りの弁当を手に、雨の中、2人で競馬場に赴いた。いつもの年に比べると、入場者が少ない。大震災ムードも影響しているのだろう。
 今年のダービーは、第78回目となる。あたり馬券は簡単にとれるはずだ。ここに答があるのだから。
 7と8をたすと、15。15を分解すると、1と5。出てきた数字を組み合わせればいいだけ。結果は1着、5番オルフェーブル。2着は1番ウインバリシオン。3着は7番ベルシャザール。
 ジョークは置くとして、パドックでは、1と5はだんとつに良く、事前の予想通り、5の単勝と、1など数頭に組み合わせた馬単馬券を購入。3連複、3連単も買った。ゴール直前、10番ナカヤマナイトが7番に抜かれなかったらすべて的中していたが、ま、仕方ない。
 それもともかく、最終レースの被災地支援つばさ賞では、やはりパドックでよく見えた1番トーホウオルビスの単勝を買ったら、なんと逃げ切り。単勝1800円の穴馬だった。今度、被災地に行った時は、きちんと寄付します。つまらぬことを綴って申し訳ないです。
[PR]
by gohenro | 2011-05-30 06:19
<< しだれ梅の枝を切りつつ… ブログでも雑記を始めました。 >>